痔について

自分の身の回りで痔になったことのある人を何人か知っていると薬用クリアエステヴェールいう人は多いでしょうが、いったいどれくらいの割合で痔は発症しているでしょうか。

あるデータによると日本人の3人に1人が痔の自覚があり、検診を受けたとしたら結果として約7割の人に痔が見られると言われています。

日本人が一番多く罹っている疾患は虫歯です。

そして2番目が痔なのです。

虫歯なら多くの人が罹っていると実感しますが、2番目に多いのが痔であると聞くと驚きます。

虫歯のことなら誰にでも話せますが、痔となるとやはり人に知られず治療している方が多いということでしょう。

痔は人間が二足歩行になったときから背負った運命とも言われていますが、それほどまで多くの人に起きている疾患ということは、生活習慣や食生活にはよほど気をつけないと一生のうちに一度は痔を経験することになる可能性が非常に高いことになります。

また、一度なったら繰り返す可能性が非常に高いですので注意が必要です。

海外での発症率はどうでしょうか。日本人が特別に発症率が高いという報告はありません。

ドイツでは70パーセント、アメリカでは実に80パーセントの人に痔があるという報告もあります。

非常に高い数字ですが、その中にはまったく自覚症状のなかった人も含まれています。

痔という病気がいかに多くの人の、気づかぬ間に起きているかということです。

ホームページの紹介です
美肌を目指して|化粧品とスキンケアについて
化粧水選びに役立つ体験レポート